自動販売機の東海ビバレッジサービス

CSR活動
トップページ > CSR活動 > 自動販売機の適正処理

自動販売機の適正処理

・平成17年11月から自動販売機の中間処理工場を稼働しています。
・廃棄対象となった自動販売機を中間処理(圧縮・破砕)しています。
・工具を使用した手分解やマルチ解体機による選別、また圧縮施設や破砕施設で適正に処分をしています。

米久ベンディング 金谷リサイクルセンター

金谷リサイクルセンター

〒428-0006
静岡県島田市牛尾1623
TEL.0547-45-5699 FAX.0547-45-5499
アクセス
JR東海道本線「金谷駅」 自動車約9分




廃棄物処理フロー



廃棄物処理フロー


自動販売機の中間処理の流れ

STEP1
 STEP2 STEP3

米久ベンディング自販機フロンガス回収
 米久電池処分 蛍光灯処分

フロンガスの種類(CFC・HCFC・HFC)を確認します。フロン回収機で種類毎に回収し、記録をします。種類毎に回収されたフロンガスは専用のボンベで保管し、破壊業者へ委託します。
 電池を取り外し、種類毎(リチウム電池・ニッケル水素電池等)に手作業で分別します。それを一個一個+極と-極をセロハンテープで絶縁します。 蛍光灯を取り外し、蛍光灯破砕機で破砕処分をします。


STEP4
 STEP5 STEP6

4
 5
 自販機処分圧縮

セル方式で専用の工具を用い、手分解し、基板、コインメック、ビルバリ、銅、ハーネス、ラジエーター、リモコン、アルミ、アクリル等に分別します。 手分解で取り外し出来なかったラックをマルチ解体機で取り出します。取り出したラックに付着している非鉄金属やプラスチックを再度手作業で分別します。 非鉄金属とプラスチックを取り除いた鉄を圧縮施設で圧縮処分します。

ページの先頭へ戻る
〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町4-24
TEL:054-365-3322 FAX:054-365-3306